これは分かるけど

> カリフォルニア州の連邦地方裁判所は10日、「アップルがビジネスで成功していることは違法ではない」などとして、日本の独占禁止法にあたる反トラスト法に違反している独占企業とは結論づけられないと指摘

じゃあ、この命令はどんな根拠で出したの?「問題がある」っていうのはどんな問題?

> その一方、利用者をアップル以外の課金方法に誘導できない現在のシステムには問題があるとして、アップルに対しルールの見直しを求める命令を出しました。

判決文読まなきゃいけないやつかこれ

反トラスト法違反ではない理由、はこの部分か

“Nonetheless, the trial did show that Apple is engaging in anti-competitive conduct under California’s competition laws.”

カリフォルニアの競争関連法って何だ

Follow

それはともかく、裁判所は「Appleの行為はカリフォルニアの法律上『反競争的』とみなされる」と判断したと

· · Web · 1 · 0 · 1

「反競争的」っていうのは「独占的」とどう違うんじゃ

あとはカリフォルニアの関連法律を読むしかないではないか。無理

ATPポッドキャストとかで取り上げないかなこれ

判決の原文、185ページもあるじゃねえか。ふざけんな読めるかこんなもん
documentcloud.org/documents/21

原文からちゃんと引くと、ここか。本文第2ページ

> Nonetheless, the trial did show that Apple is engaging in anticompetitive conduct under California’s competition laws. The Court concludes that Apple’s anti-steering provisions hide critical information from consumers and illegally stifle consumer choice. When coupled with Apple’s incipient antitrust violations, these anti-steering provisions are anticompetitive and a nationwide remedy to eliminate those provisions is warranted.

とりあえずThe Vergeはanticompetitiveという単語を勝手にハイフンで分割するのをやめれ。法律全然知らない人間(おれ)が原文をちゃんと検索できないじゃねえか

さっきの引用のDeepl訳:

それにもかかわらず、この裁判では、Appleがカリフォルニア州の競争法に基づいて反競争的な行為を行っていることが示されました。裁判所は、Apple社のアンチステアリング規定は、重要な情報を消費者から隠し、消費者の選択を違法に妨げていると結論づけています。Appleの初期の反トラスト法違反と相まって、これらのアンチステアリング条項は反競争的であり、これらの条項を排除するための全国的な救済措置が必要である。

翻訳をちょっと直してみた:

それにもかかわらず、この裁判では、Appleがカリフォルニア州の競争法に照らせば反競争的と見なされる行為を行っていることが示されました。裁判所は、Apple社のアンチステアリング(訳注:Appleが提供する以外の支払い方法をアプリ内で示したり外部サイト等に誘導したりすることを認めない)規定は、重要な情報を消費者から隠し、消費者の選択を違法に妨げていると結論づけています。Appleの初期の反トラスト法違反と考え合わせると、これらのアンチステアリング条項は反競争的であり、これらの条項を排除するための全国的な救済措置が必要です。

Sign in to participate in the conversation
Mastodon at crazynewworld.net

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!